| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

スキンケアを学んでみよう【アロマセラピーサロンに入社した新人セラピストの備忘録】


アロマが好きというだけで、スキンケアには全く無頓着で知識も全くないスタッフが知識向上のために備忘録としてブログをはじめました。
2018年06月16日のつぶやき
0
    17:28
    老化肌にならないために★美肌を維持するにおいて必要な4大要素 https://t.co/Shg0D9iPbZ #jugem_blog
    |03:00| - | - | - | posted by andona
    老化肌にならないために★美肌を維持するにおいて必要な4大要素
    0

      こんばんは!ANDONAの米津です。

       

      先日、ANDONAで取り扱っているメーカーの講習会に参加してきました。

      メーカーの商材について詳しく聞いてきましたが、

      その中でも美肌を維持し続けるに大切な事を学んできたので、このブログにUPします♪

       

      ★老化肌にならない4大要素★

       

      1.体温(体を温める事が大切。肌温度が低いとお肌に必要な栄養素を摂りにくくなってしまいます)

       

      2.血流(1の体温と関係しますが、血管がつまると栄養も補給されなくなるので、

      肌トラブルを引き起こしてしまいます。体温を上げるポイントとして血行を良くする事が大切です)

       

      3.保水力(乾燥に弱い真皮層をまもるため、表皮層の水分を保持する保水力が大切になってきます)

       

      4.紫外線ケア(お肌の大敵です紫外線に負けない肌作りも読んでみて下さい)

       

      4大要素について詳しく解説してきます(^^)/

       

       

      ★体温を上げること★

       

      ・体を温める食べ物を摂取する

      (ニンジン、カボチャ、タマネギ、レンコン、ゴボウ、ジャガイモ、自然薯、玄米、鮭、納豆、キムチなど)

       

      ・お風呂にじっくりつかる。お勧めは半身浴20〜30が理想ですが、シャワーだけで済ますのはやめましょう。

       

      ・体を締め付けない服を身に着ける。(締め付ける服を着る事で血行が悪くなり、冷えの原因になります)

       

      ・腎臓と肝臓を温める事も大切です。(腎臓と肝臓を温めるにはお腹を温めるのがお勧めです。)

       

       

      ★血流を良くすること

       

      先述の体を温める事で血流も良くなってきますが、

      ストレッチやヨガをこまめに行う事でも血流を良くする事が出来ます。

      同じ姿勢でい続けるのは筋肉も凝り固まり、血流も悪くなってしまいます。

       

      ★保水力★

       

      皮膚のうるおい(水分量)は以下の3つの細胞間脂質によって一定に保たれています。

       

      ・皮脂膜(ひしまく)

      ・天然保湿因子(てんねんほしついんし)

      ・角質細胞間脂質(かくしつさいぼうかんししつ)

       

      角質層に保持されている水分のうち2〜3%を皮脂膜が、

      17〜18%を天然保湿因子、

      残りの約80%は、セラミドという角質細胞間脂質によって保たれています。

       

      ここの細胞間脂質が弱っていると保水力も弱くなってしまいます。

      天然保湿因子・細胞間脂質を増やすことが、

      内側から潤いのある美肌になるには必要不可欠です!!

       

      繰り返す乾燥肌やニキビ肌にお悩みの方は

       

      「血流と体温を上げる事」

      「保水力を上げる事」

      「紫外線ケア」にも注目してみてくださいね♪

       

      ★肌の温度を有機ゲルマニウムで上げてくれる化粧水

      ★非常に優れた抗酸化作用があるフラーレン&保水力の高いヒアルロン酸高配合オールインワンクリーム

      |17:28| vioc | comments(0) | - | posted by andona
      植物幹細胞とヒト幹細胞培養液の違い
      0

         

         

        スキンケア業界において「幹細胞コスメ」が市場に出回り、認知度が高まってきましたが

        植物幹細胞入りとヒト幹細胞培養液の違いについて今回はご紹介します。

         

         

         

        ☆植物幹細胞☆

         

         

        ヒトの幹細胞よりも生命力が強いので、

        その強い生命力を持った植物幹細胞は

        ヒトの幹細胞にも影響を与える事が出来ます。

         

        ヒト幹細胞と違い、お肌の中に直接入れ込むことが出来るので、

        植物幹細胞が持っている栄養や情報をお肌の中の幹細胞に伝達させます。

        お肌の中の幹細胞の働きの機能性を向上させることにより、

        ターンオーバを正常化させます。

        また、表皮や真皮層を保護する役割も持っています。

         

         

         

        ☆ヒト幹細胞培養液☆

         

         

        ヒトの幹細胞自体を使用するのではなく、

        ヒトの幹細胞を培養した時に幹細胞自体から分泌された液

        「ヒト幹細胞培養液」を使用します。

         

        ・植物幹細胞と違い、ヒトの幹細胞には「鍵穴」(レセプター)と

        「鍵」(リガンド)が存在し、

        その鍵穴と鍵が一致することにより初めて活性化されます。

        (ドアの鍵穴に、合う鍵を射してドアノブを回す事により、

        ドアが開く事をイメージしてください♪)

        また、この「鍵」にはViocにも配合されている

        EGFという成長因子が含まれています。

         

         

        ヒト幹細胞培養液についても研究が進み、採取した幹細胞により期待できる効果が異なっています。

         

         

         

        ■ヒト幹細胞培養液のそれぞれの効果

         

         

        角化細胞順化培養液→常在菌の増殖・紫外線防御・インナードライの改善

         

        ヒト真皮細胞順化培養液→真皮層に働き、皮膚再生やたるみの改善

         

        ヒト骨髄幹細胞順化培養液→傷ついた細胞の修復・再生

         

        ヒト脂肪細胞順化培養液エキス→市場に出回っている

        「ヒト幹細胞由来コスメ」に使われる多くの幹細胞培養液がこれです。

        細胞を成長させる働きを持っています。

         

        既に再生医療として医療の現場では使用されていますが、

        幹細胞から抽出した「成長因子」を直接患部に注射で注入すると

        1回100万円以上するケースがほとんどです。

         

        先程、「鍵穴」と「鍵」について触れましたが、

        これは考え方にもよりますが、植物幹細胞については

        この鍵と鍵穴についてはまだ解明されておりません。

        しかし、仮に植物幹細胞に「鍵」があるとしたら、

        それがヒトの幹細胞の「鍵穴」に入る事が出来たら、

        お肌の幹細胞を活性化することにつながります。

         

        生命力の強い植物幹細胞の力と

        ピンポイントに活性化させるヒト幹細胞培養液

        それぞれのメリットを活かして、スキンケアに取り入れてみて下さいね♪

         

        ヒト脂肪細胞順化培養液・EGF配合

        お肌のたるみと乾燥に効果大☆ヴィヴァースモイストセラムはこちら♪

         

         

        |17:03| - | comments(0) | - | posted by andona
        2018年06月09日のつぶやき
        0
          17:01
          シワ・たるみが起きる原因は… https://t.co/ErtkKYclfX #jugem_blog
          |03:00| - | - | - | posted by andona
          シワ・たるみが起きる原因は…
          0

            ご無沙汰しております。ANDONAの米津です。

            最近、お店で「肌のたるみ」で悩んでいるお声をよくお客様から頂戴します。

            今回はたるみについてブログをアップしますね。

             

            ◇そもそもたるみの原因とは…

            “の弾力が失われて。

            皮膚は上に表皮、下に真皮、その間に基底膜という3層から成り立っています。

            皮膚に多く存在する弾力や強度に関与するコラーゲン(たんぱく質の一種で種類もたくさんあります)、

            コラーゲンを結びつける役割を持つエラスチンの質の変化が考えられます。

            代謝機能の衰え

            エネルギーの貯蓄、保温などの働きをしている皮下脂肪が衰えることで肥大化し、重力の影響で下に落ちていきます。

            6敍の質が下がって。

            使われていない筋肉はどんどんその機能が衰えて、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。顔の筋肉も身体同様です。

             

            ◇たるみが起きにくくするには…

            たるみの原因は「外的要因」「内的要因」「生活習慣要因」があり、いかにうまく付き合っていくかが大切です。

            〜外的要因〜

            ・紫外線・乾燥・ストレスなど

            肌内部の組織を破壊してしまう紫外線が、たるみはもちろん、お肌の老化の一番の原因です(>_<)

            それにより細胞の質が変わって充分に水分を保持できずに乾燥を招きます。

            〜内的要因〜

            ・活性酸素

            聞き覚えがある方も多くなってきたのでは?というくらい一般的になってきた「活性酸素」ですが、

            細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素はお肌・身体とともに様々な悪影響をもたらすといわれています。

            生きている限り自然に発生するものなので、抗酸化作用とのバランスがとても大事です。あまり多く活性酸素を発生させたくないですね。

            〜生活習慣要因〜

            ・睡眠不足・喫煙・栄養不足など

            頭ではわかっているんだけどね…、という方はたくさんいらっしゃると思います。

            でも意識するだけでもだいぶ変わってきますよ(*^-^*)

             

             ◇ではどうしていったらいいのか?

            ここからが最も気になるところですよね♪

            顔は常に外に露出しているので、一番変化が表れやすい場所です。

            小さなシワがでてきたら、気を付けて下さい!放っておくとたるみにつながってしまいます(>_<)

            毎日重力で下に下にと引っ張られているので、マッサージは毎日しても大丈夫です。

            ただ、強すぎるのは逆に肌の負担になって余計たるんでしまう原因にもなるので、痛気持ちいいくらいがちょうどよいです。

            マッサージクリームやジェルが乾かないように注意してください。乾いていると摩擦になってしまいます(>_<)

            マッサージしてもまだ気になるな…と思ったらリフトアップフェイシャルを受けてみて下さい!(^^)!

            その方に合った、お家でも出来るマッサージ方法も、セラピストがお伝えします。

            ANDONA大阪本店

            TEL 06-4391-3722

            06-4391-3722

             

            |17:01| vioc | comments(0) | - | posted by andona
            2018年06月05日のつぶやき
            0
              15:06
              2018年6月4日14時頃より当店の電話回線故障に伴い、お電話が不通となっております。 ご利用のお… https://t.co/rW9rCvIguk
              |03:00| - | - | - | posted by andona
              2018年05月03日のつぶやき
              0
                16:46
                植物幹細胞とヒト幹細胞培養液の違い https://t.co/UY7KsLIhVi #jugem_blog
                |03:01| - | - | - | posted by andona
                植物幹細胞とヒト幹細胞培養液の違い
                0

                  スキンケア業界において「幹細胞コスメ」が市場に出回り、

                  認知度が高まってきましたが 植物幹細胞入りとヒト幹細胞培養液の違いについて今回はご紹介します。

                   

                   

                    ☆植物幹細胞☆

                   

                  ヒトの幹細胞よりも生命力が強いので、

                  その強い生命力を持った植物幹細胞はヒトの幹細胞にも影響を与える事が出来ます。

                  ヒト幹細胞と違い、お肌の中に直接入れ込むことが出来るので、

                  植物幹細胞が持っている栄養や情報をお肌の中の幹細胞に伝達させます。

                  お肌の中の幹細胞の働きの機能性を向上させることにより、ターンオーバを正常化させます。

                   

                  また、表皮や真皮層を保護する役割も持っています。    

                   

                   

                   

                  ☆ヒト幹細胞培養液☆

                  ヒトの幹細胞自体を使用するのではなく、

                  ヒトの幹細胞を培養した時に幹細胞自体から分泌された液「ヒト幹細胞培養液」を使用します。  

                   

                  ・植物幹細胞と違い、ヒトの幹細胞には「鍵穴」(レセプター)と「鍵」(リガンド)が存在し、

                  その鍵穴と鍵が一致することにより初めて活性化されます。

                  (ドアの鍵穴に、合う鍵を射してドアノブを回す事により、ドアが開く事をイメージしてください♪)

                   

                  また、この「鍵」にはViocにも配合されているEGFという成長因子が含まれています。    

                   

                  ヒト幹細胞培養液についても研究が進み、採取した幹細胞により期待できる効果が異なっています。  

                   

                   

                  ■ヒト幹細胞培養液のそれぞれの効果  

                   

                  ・角化細胞順化培養液→常在菌の増殖・紫外線防御・インナードライの改善  

                  ・ヒト真皮細胞順化培養液→真皮層に働き、皮膚再生やたるみの改善  

                  ・ヒト骨髄幹細胞順化培養液→傷ついた細胞の修復・再生  

                  ・ヒト脂肪細胞順化培養液エキス→市場に出回っている

                  「ヒト幹細胞由来コスメ」に使われる多くの幹細胞培養液がこれです。

                   細胞を成長させる働きを持っています。  

                   

                  既に再生医療として医療の現場では使用されていますが、

                  幹細胞から抽出した「成長因子」を直接患部に注射で注入すると 1回100万円以上するケースがほとんどです。  

                  先程、「鍵穴」と「鍵」について触れましたが、

                  これは考え方にもよりますが、植物幹細胞についてはこの鍵と鍵穴についてはまだ解明されておりません。

                  しかし、仮に植物幹細胞に「鍵」があるとしたら、

                  それがヒトの幹細胞の「鍵穴」に入る事が出来たら、

                  お肌の幹細胞を活性化することにつながります。  

                   

                  生命力の強い植物幹細胞の力と

                  ピンポイントに活性化させるヒト幹細胞培養液

                  それぞれのメリットを活かして、スキンケアに取り入れてみて下さいね♪  

                   

                  ヒト脂肪細胞順化培養液・EGF配合 お肌のたるみと乾燥に効果大☆

                  ヴィヴァースモイストセラムはこちら♪

                   

                  |16:41| - | comments(0) | - | posted by andona
                  2018年04月14日のつぶやき
                  0
                    17:13
                    赤ちゃんのおむつかぶれや子供のケガの消毒にも使える万能ハーブ水 https://t.co/wMSFlgyyMF #jugem_blog
                    |03:01| - | - | - | posted by andona
                    お肌の吹き出物や赤ちゃんのおむつかぶれも使える万能ハーブ水
                    0

                      長らくブログを更新しておらず、大変申し訳ございません。
                      ANDONAの米津です(>_<)(>_<)
                      一仕事片付いて、ブログを見返すと更新していない事に気づきました!!!!!

                      本当にごめんなさい(>_<)(>_<)

                       

                      今日はこの季節特有の「不安定なお肌の状態」「不安定のお肌の状態をケアできるアイテム」についてブログをアップします。

                       

                      今年の春は一気に過ぎ去った気がします。
                      暑くなったり寒くなったりと温度調節が難しいですが、
                      お肌の状態はいかがでしょうか?^^

                      寒暖差の激しいこの時期は自律神経の乱れから
                      お肌の状態も不安定になりがちです。
                      そのお肌の状態を「ゆらぎ肌」と言います。


                      ■「ゆらぎ肌」とは

                       

                      気温や湿度が大きく変化する季節の変わり目に特にあらわれやすく、

                      花粉が飛び始めたり、紫外線量が増えるなどの環境の大きな変化と、

                      その環境の変化が、自律神経やホルモンバランスなどカラダの中の機能にも大きく影響するために、

                      急な肌荒れを起こしたり、皮脂分泌のバランスが崩れて吹き出物ができたり…と、

                      お肌の代謝や免疫機能が低下し、不安定になる状態を「ゆらぎ肌」と言います。

                       

                       

                      ■これに当てはまったら「ゆらぎ肌」🙄

                       

                      ☑肌が異常に乾燥する

                      ☑肌が荒れている・赤みが出る

                      ☑肌がかゆい

                      ☑いつも使用している化粧品で肌がピリピリしたり、ブツブツができる

                       

                       

                      ■「脱ゆらぎ肌」改善方法

                       

                      ・いつもより多めの睡眠を摂る

                      ・リラックスタイムを設けて副交感神経を優位にさせる

                      ・肌が荒れていたり、赤みやブツブツが出ている場合は炎症を抑えましょう。


                      炎症を抑えたい時にお勧めなのが…「アタノール ルイ14世」
                      81種類もの薬草を調合したスイス伝統の薬草水です。
                      抗炎症・抗菌・抗酸化作用に優れた薬草が豊富に使用されております。

                       

                       

                      ■ルイ14世について


                      作られた歴史は非常に古く、1790年ごろルイ14世の時代に兵士への治療薬として開発されました。
                      1800年初めには、スイス、ヴァレリーの修道院で、周辺の住民にも販売され、
                      消化促進、腸のトラブル、耳の不調、足のだるさ、浮き出た毛細血管の治療、
                      フェイス及びボディローション、虫刺されの解毒、保湿として使いました。
                      現在は、フランシスコ派修道僧たちがこの釜を使って製造したものと全く同じレシピによって、
                      人工保存料、着色料、香料を一切含まずに、レンチュ社のみが製造し供給し続けています。

                       


                      ■ルイ14世により改善できる効果

                       

                      ・ニキビ・吹き出物の炎症の鎮静


                      ・血行促進


                      ・しもやけ、水虫の鎮静


                      ・フケ、頭皮のかゆみの減少


                      ・激しい発汗や、腋臭の減少


                      ・毒虫、スズメバチ、蚊などに刺されたことによる痛みと腫れの軽減


                      ・紫外線を浴びた肌の沈静


                      ・赤ちゃんのおむつかぶれやケガの消毒

                       


                      ルイ14世はニキビや吹き出物などの炎症にとても効果を発揮するハーブ水です。
                      ゆらぎ肌によって起こった吹き出物や炎症にも対応できます!

                      このルイ14世はスプレータイプなので、患部に直接吹きかける事が出来るのも嬉しいです。
                      赤ちゃんのおむつかぶれにも1プッシュで対応できるので、

                      ご家庭でのケガやお肌のトラブルにも幅広く対応できる薬草水です。

                       

                      |17:13| - | comments(0) | - | posted by andona
                      | 1/4 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.